LOISON ロイソン【デザート】

その他

イタリアのクリスマスに欠かせない "パネットーネ"。
小麦粉にレーズンや砂糖漬けのフルーツとバターを加え、じっくりと焼き上げた、素朴な伝統菓子です。
ロイソン社は、世界の美食家がとりこになった、高級パネットーネのつくり手として、イタリア内外に知られています。

世界でも有名な高級パネットーネ

ガストロノミー分野で権威あるガンベロロッソ誌や、ワイン評価で名高いルカ・マローニ氏、エスプレッソ誌などからも高く評価されているロイソン社の逸品。イタリア国営テレビRAIの特別番組でも放映され、新聞各紙でも絶賛されています。イタリア内外を代表するパネットーネの造り手といえます。
また、ドイツ、フランス、スペイン、イギリス、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、ロシア、ベルギー、ギリシャ、スイス、アメリカ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、香港、そして日本ほか、20カ国以上に輸出されており、世界中から愛されています。

おいしさの秘密 ~しっとり、ふんわりした触感とふくよかな香り

①原材料

酸味の少ない優れた天然酵母を使用。ミルクやバター、卵はその日採れたてのものを用います。シロップ漬けフルーツはシチリア産オレンジピールやカラブリア産シトロンにこだわるなど、原材料全てを厳選しています。


②伝統的な作り方の再現

生地をこね、休ませて発酵。この作業をじっくり3回繰り返すことで、緩やかで自然な酵母の発酵が促され、ふっくらした食感が生まれます。量と形を整えてひとつずつ整形が出来たら、最後に12時間の発酵。よりしっとりとした風味が高まります。 180~190℃で1時間の焼成。季節や温度によって微妙な調節を行います。焼き上がったら室温で6~8時間かけて粗熱を取り、最高のパネットーネに仕上げます。

“プリンス” パネットーネ・チョコチップ
商品リストはこちら メーカーホームページへ