1. TOP>
  2. イタリア食材>
  3. 専門食材 >
  4. モンテフィオーレ
ALIMENTARI ITALIANI
イタリア食材トップ
イタリア食材検索
パスタ
オイル
トマト
専門食材

専門食材

モンテフィオーレ

  • 商品リストはこちら

イタリアから輸入した小麦粉に、相性のよい小麦粉を国内で配合・ミックスしたモンテ物産のオリジナルブランドです。
小麦粉だけでなく、冷凍の生地玉とピザ生地も取り揃えており、簡単な取扱いが定評です。

イタリアのピッツァ

ピッツァの始まりは一説にはジェノヴァが本場のフォカッチャから派生してできたと言われています。
初期のピッツァはトマトを使わない、ラードとペコリーノチーズをのせたピッツァ・ビアンカが主流でした。
地方色豊かな食文化をもつイタリア、現在では様々なピッツァが楽しめます。

■ナポリ風ピッツァ
厚みのあるふっくらとした生地が特徴。イタリアで最も伝統あるピッツァです。
ピッツァ発祥の地であるナポリでは、材料、製造方法が「真のナポリピッツァ協会」によって定められています。
■ローマ風ピッツァ
薄焼きのクリスピータイプの生地が特徴。

■ミラノ風ピッツァ
ローマ風ピッツァ同様、薄焼きのクリスピータイプの生地。
諸説ありますが、ナポリのピッツァが産業とファッションの中心であるミラノに移り、
素早く火の通る厚さに変化したと言われています。
山の幸を使ったピッツァが多いのも特徴です。


また、ローマ以北では切り売り(量り売り)のピッツァが多く見られます。
長方形に焼き上げたピッツァが店頭に並び、注文に応じて希望の大きさに切ってもらえます。

代表的なピッツァ

ピッツェリアによっても様々な具材のピッツァを楽しめますが、代表的なものを一部ご紹介致します。

≪マルゲリータ≫
イタリアの国旗を模した、モッツァレラチーズ、バジル、トマトソースのピッツァ。
イタリア王妃マルゲリータにちなんでつけられた名前と言われています。

≪マリナーラ≫
イタリア語で「船乗りの」を意味する名前のピッツァ。
トマトソースをベースに具材はオレガノ、ニンニクのみのシンプルなピッツァです。

≪ロマーノ≫
「ローマ風」と呼ばれるピッツァです。
具材はピッツァでよく使われるモッツァレラチーズではなくリコッタチーズを使い、
アンチョビ、オリーブ、ケッパーなどをのせます。

≪カプリチョーザ≫
「カプリチョーザ」とはイタリア語で「気まぐれ」を意味します。
シェフおまかせのピッツァで生ハムやオリーブ、マッシュルーム、時には魚貝など様々な具材が使われます。

≪クアトロフォルマッジ≫
イタリア語で「4つのチーズ」という意味のピッツァ。
名前の通り4種類のチーズが使われているピッツァで「ゴルゴンゾーラ」「タレッジョ」「モッツァレラチーズ」
「パルミジャーノ・レジャーノ」の組み合わせが代表的です。

≪ビスマルク≫
「鉄血宰相」の異名で知られるドイツ帝国宰相オットー・フォン・ビスマルクが卵を好んだことが名前の由来。
一般的には半熟卵・ベーコン、アスパラガス、モッツァレラチーズがのっています。

マルゲリータ
ビスマルク

商品リストはこちら

このページの先頭へ

イタリア食材トップへもどる