1. TOP>
  2. イタリア食材>
  3. 専門食材 >
  4. パルアーニ【デザート】
ALIMENTARI ITALIANI
イタリア食材トップ
イタリア食材検索
パスタ
オイル
トマト
専門食材

専門食材

パルアーニ【デザート】

  • 商品リストはこちら
所在地:ヴェネト州

創業1976年、イタリア北部ヴェネト州に所在する焼き菓子専門メーカー。
伝統的なフレッシュクリームから作られたバターや新鮮な卵など、原材料にこだわったパネットーネを生産しています。
また、イタリア・セリエAのサッカーチーム「キエーヴォ・ヴェローナ」のオフィシャルスポンサーとして、地元を代表する企業のひとつです。

パネットーネとは?

イタリアのクリスマスに欠かせない伝統菓子。
小麦粉にレーズンや砂糖漬けのドライフルーツとバターを加え、 天然酵母で発酵させて、
じっくりと焼き上げたお菓子で、昔ながらの素朴でやさしい味わいが特徴です。
辛口や甘口のスプマンテと合わせてもおいしくお召し上がり頂けます。

パネットーネの起源

パネットーネの起源には2つの説があります。

説@:5〜600年前のクリスマスに、ミラノの修道院の修道女が妹の為にありあわせのパン生地の中に 手に入りやすい材料を混ぜて焼いたのが最初という説。
この時に修道女の優しさが神に伝わり、パネットーネの形は修道院の形に、さらに一番上の切り込みには十字架が現れたと言われています。そして、出来上がったパネットーネが非常においしかったために教会の運営と生活の為皆が作るようになったと言われています。

説A:ミラノの伯爵に仕えていて、パン職人でもあった、「トニー」がパネットーネを発明したところから、 「パン・デ・トニー(トニーのパン)」と名づけられたという説。
当初はミラノの片田舎で作られていたパネットーネも時間と共に改良され、白い小麦粉や、卵、砂糖、バターが使用されるようになりました。
以前はレーズンのみが入っていましたが、後になってからフルーツの砂糖漬けしたものが入れられるようになったと言われています。

商品リストはこちら

このページの先頭へ

イタリア食材トップへもどる