RE MANFREDIレ・マンフレディ

南部、島のワイナリー
  • 所在地

    バジリカータ州ポテンツァ県

  • 創業年

    1995年

レ・マンフレディ社は旧テッレ・デッリ・ズヴェーヴィ社から2012年に改名しました。新ワイナリー名であり、ワインの名前にもなっている「レ・マンフレディ(マンフレディ王)」は神聖ローマ帝国領土内のシチリア王国、フェデリーコ2世の息子の名前です。 バジリカータ州はイオニア海に面し、プーリア州とカンパーニア州の間に位置しています。バジリカータでもっとも重要なブドウ品種は、アリアニコ。古代ローマ人に称えられたアリアニコの名は、通称「ヘレーニカ」とよばれたオリエント産の台木に由来するといわれています。

当時からこのブドウを使用し、有名なワインが造られており、現在では、辛口でベルベットのようなソフトな口当たりの長期熟成に向く赤ワインが造られています。 テッレ・デッリ・ズヴェーヴィ社は、このバジリカータ州ポテンツァ県ヴェノーザに本社をおくワイナリー。バジリカータ州唯一のD.O.C.ワイン、アリアニコ・デル・ヴルトゥレ及び、地元で新たに開発されたその他のワインを向上させることを使命とし、国内、国際市場において、これらのワインの普及と知名度の向上に貢献することを目標として活動しています。南部のバローロといわれる、力強い芳醇な味わいを生むアリアニコ・ワインは、今、世界中で高い評価を得始めています。

商品リストはこちら メーカーホームページへ