COSIMO TAURINOコジモ・タウリーノ

南部、島のワイナリー
  • 所在地

    プーリア州レッチェ県グアニャーノ

  • 創業年

    1972年

”コジモ・タウリーノ”プーリアのワインを世界へ知らしめたネグロアマーロのパイオニア

タウリーノ家は7世代に渡り、ブドウの栽培とワイン醸造に献身的な精神、故郷への愛、情熱を注ぎ、特に古代品種であるプーリア州の土着品種のブドウの栽培に力を注いできました。
1830年代、コジモの父の代で、北部のワインのブレンド用のワインの提供することで、商業的な成功を収めます。ワイナリー名にもなっているコジモ・タウリーノ氏は、ワイナリーの本来のビジネスの基礎となる、自らのボトリングワインの生産にフォーカスし、不屈の努力と献身をもって1970年「ノタルパナーロ」を造りました。
これまで造ってきたワインは、他のワインの品質を向上させるだけでしたが、ついに、サレントのブドウだけで造られた、ホームである“サレント”のプライドと強さを表現するワインが誕生したのです。
そして、1974年に腕のいい若いエノロゴと出会い、二人はパトリリオーネ(ファーストヴィンテージ:1975年)の醸造を始めました。その頃からタウリーノ社は大きく飛躍し、イタリア国内を始め海外にも広く知られるようになりました。
コジモ・タウリーノ氏が率いるワイナリーはわずか数年の間で、世界中に広く知れ渡るワイナリーとなりました。同社の醸造するサレント産の見事な価値ある赤ワイン、白ワイン、ロゼは、サリチェ・サレンティーノが栽培される地域のD.O.C.呼称認定に伴い、高い評価を受けるようになりました。

コジモ・タウリーノ氏が率いるワイナリーはわずか数年の間で、世界中に広く知れ渡るワイナリーとなりました。同社の醸造するサレント産の見事な価値ある赤ワイン、白ワイン、ロゼは、サリチェ・サレンティーノが栽培される地域のD.O.C.呼称認定に伴い、高い評価を受けるようになりました。
1999年8月23日、忘れ難き創業者、コジモ・タウリーノは早すぎる死を迎え、プーリア、そしてイタリアワイン界に大きな喪失感を残しました。

現在では同氏の妻や娘夫婦がスタッフと共に唯一無二のチームとして一丸となって、ブドウ栽培からワインの製造、広報、販売に至るまでそれぞれの部署に従事しています。
一家は同社の更なる発展のため、近代的な醸造所とショールームを建設しました。伝統と革新の融合。古くから使用されてきた発酵槽とコンクリートタンクはガラスコーティングをし、内部に冷却プレートが施され、発酵、熟成時の内部温度を管理しています。熟成のためバリックが置かれている施設内にはウォーターカーテンが設置され、施設内の温度を適正温度に保っています。

商品リストはこちら メーカーホームページへ