1. TOP>
  2. イタリアのワイナリー>
  3. コッレマッサーリ
VINO&LIQUORE
ワイン&リキュールトップ
ワイン検索
イタリアのワイナリー
おすすめスペシャルワイン

イタリアのワイナリー

コッレマッサーリ

トスカーナ州グロッセート県チニジャーノ
1998年

カステッロ・コッレマッサーリの土地は、アミアータ山の麓の丘陵、海抜320mに位置し、ティレニア海の方向に開けています。風が強く吹き、温度変化が大きく、好ましいミクロクリマに恵まれています。ワイナリーは、1,200ha以上の面積を有し、その内ぶどう畑が110ha、オリーブ畑が60ha、そして耕作地が400haあり、残りの土地は森林です。そしてこの1,200haほどの敷地は、全て国有林に囲まれています。

ブドウ畑やオリーブの畑に囲まれたカステッロ・コレマッサーリ

畑はすべて、ICEAの認証を受けたオーガニック農業の基準によって管理されています。110ha以上あるブドウ畑の主なブドウ樹は、ピサの大学と協力し、自生していたブドウ樹からマス・セレクションによって選び抜いたサンジョヴェーゼです。
平均15%の傾斜と急な丘陵のブドウ畑では、ブドウの木はコルドーネ・スペロナート仕立て、またはドッピオグイヨー仕立てで栽培され、収量は1haあたり約6トンです。

美しく仕立てらえた畑。ICEAの認証を受けたオーガニック栽培を行なっている。


収穫期には、ブドウの選別に細心の注意を払っており、まずは振動台で、そしてその後はベルトコンベアの選別台で果実一粒ずつを手作業で選別しています。
リゼルヴァワインのアルコール発酵は、ティネッロと呼ばれる台形のオークの発酵槽で行われ、パンチングダウン(ピジャージュ)は人の手で行われます。一方、その他のワインの発酵は温度管理されたステンレスタンクで行われ、熟成はワインの性質によって10〜24ヶ月、フランス産のバリックとトノーまたはスラヴォニア産の40hl大樽で行われています。赤ワインの瓶内熟成は最低6ヶ月です。

選別台で果実一粒ずつを手作業で選別
ティネッロと呼ばれる台形のオークの発酵槽でピジャージュの様子。


特筆すべきは、垂直構造のセラーです。地下に広がる6000u以上の醸造施設は、以下の4つのコンセプトに基づいて作られています。すなわち環境に配慮した構造(バイオアーキテクチャー※1)、省エネルギー、高いクオリティの労働環境、周辺の自然環境を生かした構造(ビオディナミ・エンジニアリング※2)です。
※1:バイオアーキテクチャー:自然に配慮した構造のコンセプトデザインを指します。例えば雨水をワイナリー内での掃除などに使うために屋根をわざとV字型に作り、雨水を溜められるようにする、高低差を利用し、ブドウやモストの移動をポンプなしで行えるなど。
※2:ビオディナミ・エンジニアリング:自然の力をワイナリー運営に活用することを指します。例えば熟成庫内の壁の一部をコンクリートで覆わずに岩をむき出すにすることで湿度を保つ一助にする、ワイナリーの外壁をブラインドカーテンのように開け閉めできる構造にすることで、極力冷暖房を使わず、自然の太陽光、風通しを利用するなど。

左 高低差を利用し、ポンプを使用せずにモストを移動させる。
右 地下の壁の一部をコンクリートで覆わずに自然の力を利用して温度を保つ工夫がされている。

コッレマッサーリは、ガンベロロッソのイタリアワインガイド2014年版で、最優秀ワイナリーに選ばれました。

ワインリストはこちら

このページの先頭へ

イタリアのワイナリー トップへもどる

  • オンラインショップ・ラーモイタリア
  • 直営イタリアンショップ Picco
お電話でのお問い合わせ 0120-348566 平日9:00〜12:00 13:00〜17:30(土・日・祝日を除く)
モンテ物産
COPYRIGHT©Monte Bussann K.K. ALLRIGHTS RESERVED.