FLORIOフローリオ

シチリア州
  • 所在地

    シチリア州マルサラ

  • 創業年

    1833年

シチリアが世界に誇るマルサラワイン。スペインのシェリー酒やポルトガルのポート酒などと並んで、長期輸送に耐え得るよう酒精を強化したワインです。

  • もともとは、18世紀大航海時代、イギリス人貿易商ウッドハウスが、シチリア西端の港町マルサラで出会った白ワインにアルコールを添加したのが始まりです。その後、このウッドハウスと手を組み、1833年に起業したのがヴィンチェンツォ・フローリオ氏。当時から近代的な考えのもと、輸送に便利な海に近い土地に醸造所を建築する傍ら、大々的な広告を打ち、イタリア国内外にマルサラを紹介していきました。まさに“マルサラワイン”の歴史はフローリオが培ってきたといっても過言ではないのです。

  • 現在は、マルサラワイン製造者としてトップシェアを誇り、アメリカ、イギリス、フランス、日本をはじめとする世界35カ国に向けて輸出をしています。シチリアの伝統ワインを総合的にプロデュースする、という壮大なプロジェクトのもと、21世紀の今も躍進し続けています。

マルサラワインについて

  • ■ 醸造方法 マルサラ酒はD.O.C.(原産地統制呼称)として、原産ブドウの種類や栽培エリア、醸造方法など全て伝統的な手法を用いるよう定められています。

    1.ブドウからモスト(ジュース)を搾汁

    2.発酵させ、ブランデーやワイン蒸留酒などを添加
      糖度を残したままアルコール度数を高める

    3.オーク樽で熟成

    ■カテゴリー
    マルサラ酒は、熟成年数の違いや甘さ(1L当たりの残存糖分)の違いによって様々なタイプに分けられます。

商品リストはこちら メーカーホームページへ