1. TOP>
  2. イタリアのワイナリー>
  3. グラッタマッコ
VINO&LIQUORE
ワイン&リキュールトップ
ワイン検索
イタリアのワイナリー
おすすめスペシャルワイン

イタリアのワイナリー

グラッタマッコ

トスカーナ州リヴォルノ県カスタニェート・カルドゥッチ
1977年

グラッタマッコは、1977年創立。ワイナリーの土地は丘の上、海に面したカスタニェート・カルドゥッチとボルゲリの間で、海抜100mに位置しています。このエリアは、特に赤ワインの生産に向いた土地であり、乾燥した温暖な気候で、夏の終わりには昼夜の寒暖差が大きくなります。所有地は50haに及び、そのうち25haはブドウ畑、5haはオリーブ畑です。残りの土地は森で、1600haもの大きな森林と接しています。
丘陵の急な斜面に位置するブドウ畑は、平均で約8%傾き、ブドウの樹はコルドーネ・スペロナート、グイヨー、アルベレッロ仕立で、収量はヘクタールあたり6〜7トンです。

左 森林と畑が囲むグラッタマッコのカンティーナ
右 カンティーナからの景色

左 シルトと赤砂の土壌 “ラルベレッロ”の畑
中 畑の西側に広がる石灰質のフリッシュの土壌
右 畑の東側に広がる砂と石灰質のフリッシュの土曜

収穫時には、畑でブドウは注意深く手作業で選別されます。そして“ティネッロ”と呼ばれる700Lの台形のオークの発酵槽に入れられます。その発酵槽の中で、発酵し手作業でパンチングダウン(ピジャージュ)を繰り返し、長期マセラシオンを行ないます。マロラクティック発酵は、品種ごとにフレンチオークのバリックの中で自然にすすみます。フレンチオークのバリックで12〜18ヶ月熟成の後、ブレンドし約6ヶ月瓶内熟成を行ないます。

台形のオープンな発酵槽 ティネッロ

左 頻繁に繰り返されるピジャージュは全て手作業で行なわれる。
右 バリック熟成庫

ボルゲリを代表するフラッグシップ・ワイン “グラッタマッコ・ロッソ” 受賞歴


グラッタマッコは、オーガニック農法の基準に従い、ICEAの認証を受けています。ワイナリーとして、オーガニック認証を受けていますが、ラベルには認証マークを表示していません。

ワインリストはこちら

このページの先頭へ

イタリアのワイナリー トップへもどる

  • オンラインショップ・ラーモイタリア
  • 直営イタリアンショップ Picco
お電話でのお問い合わせ 0120-348566 平日9:00〜12:00 13:00〜17:30(土・日・祝日を除く)
モンテ物産
COPYRIGHT©Monte Bussann K.K. ALLRIGHTS RESERVED.