SELLA&MOSCAセッラ&モスカ

南部、島のワイナリー
  • 所在地

    サルデーニャ州サッサリ県アルゲーロ

  • 創業年

    1899年

19世紀の終盤、当時の有名な政治家クィンティーノ氏の甥エルミニオ・セッラ氏とエドガルド・モスカ氏がアルゲーロの自然と大地に魅せられて、領主のヴィッラマリーナ家から土地を購入したのがセッラ&モスカの始まり。
サルデーニャで1世紀以上の歴史を持ち、土着品種の新たな可能性にチャレンジし続ける「サルデーニャワインに新しい可能性を開いたワイナリー」ともいえる存在です。

「伝統」・「挑戦」・「飛躍」 サルデーニャの雄

所有総面積は650ヘクタールでそのうちブドウ畑は500ヘクタール。これは自社畑としてはヨーロッパでも最大級の広さを誇ります。セッラ&モスカは、ブドウ畑の新しい管理方法と新しいワインを造るための技術の開発に力を注ぎ、その独創的な技術やノウハウによってサルデーニャ島全体のブドウ栽培とワイン醸造の発展に多大なる影響を与えました。
土着品種の栽培やテロワール、伝統を大切にしつつ、大規模な畑を維持しそのブドウから品質の高いワインを生み出す挑戦をし続けるサルデーニャの巨人は、100年を経て飛躍のときを迎えます。2013年にはガンベロ・ロッソ社刊「イタリアワインガイド」で"ワイナリー・オブ・ザ・イヤー"を受賞、カベルネ・ソーヴィニョン100%のマルケーゼ・ディ・ヴィッラマリーナが同誌で15回もトレビッキエーリを獲得するなど、サルデーニャの実力派ワイナリーとして知られています。

セッラ&モスカが大切に守ってきた希少品種"トルバート"

土着品種の価値を高めることを信念に持ち、ワイン造りに取り組んでいます。中でもトルバート種はサルデーニャの地ブドウで、病原菌に対する耐性が弱く、また他の品種に比べて晩熟で収穫量が安定しないなど(実が熟す前に病気になるリスクがさらに高い)栽培が非常に困難であるとされています。そのようなトルバート種の栽培にセッラ&モスカはいち早く取り組み、大切に守ってきました。セッラ&モスカのトルバートから生まれる軽やかでみずみずしく、エレガントな魅力に富むワインは高い評価を得ています。

商品リストはこちら メーカーホームページへ