BANFIバンフィ

中部のワイナリー
  • 所在地

    トスカーナ州シエナ県モンタルチーノ

  • 創業年

    1978年

トスカーナ州の南部に位置する、シエナ県モンタルチーノ市は、サンジョヴェーゼ種から造られるD.O.C.G.赤ワイン、“ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ”の産地として世界的に有名な地域です。
バンフィ社はこのモンタルチーノに、約800ヘクタールのブドウ畑を含む、広大な土地を所有し、創立以来、土壌の分析、ブドウ栽培法の研究、土着品種であるサンジョヴェーゼ種のクローン研究、樽材や醸造法の研究を行ってきました。
同社のフラッグシップ、“ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ”などを生み出す伝統的なブドウ品種のみならず、カベルネ・ソーヴィニョン種などの国際品種も手がけ、世界中に優れたワインを輸出するビック・カンパニーとして名実ともに成功を収めています。

バンフィワイナリーイメージ

ワインの高いクオリティを実現する、バンフィ社ならではの徹底的な研究

●サンジョヴェーゼクローン研究


バンフィは創業以来、高品質にこだわり、革新的な研究開発を続けてきました。その際たる例が、サンジョヴェーゼクローンの研究です。
モンタルチーノの伝統において最も重要なサンジョヴェーゼですが、その亜種は数多く存在し、バンフィ社の自社畑とその周辺には数百種以上のサンジョヴェーゼクローンが存在していることが判明しました。


サンジョヴェーゼは、フランスの主要品種と比べて、かなり亜種が多いブドウ品種の一つであり、土壌・気候に大きく影響を受ける繊細な品種であることもわかりました。そのため、バンフィ社は実に30年以上もの月日を費やして自社畑のテロワールに最適なクローンの研究を行い、それらの中から3種類の選別に成功。この研究の成果を具現化したのが、『“ポッジョ・アッレ・ムーラ”ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ』です。各クローンがもたらす特徴・個性を組み合わせることで、より一層の複雑さを与え、バランスを整えるという品質向上を目指しています。

●独自開発した発酵槽「ホライゾンシステム」とフルオーダーメイドのこだわりの木樽


クローン選別以外にも独自に研究を進めてきたのが、「ホライゾンシステム」という発酵槽の開発です。


バンフィ社では、発酵とスキンコンタクトの際にオーク材の発酵槽を使用していましたが、従来、外周部の厚みのあるオークの素材は冷却や衛生管理が難しいという理由から、他の生産者の間では自然に熱が加わる発酵に関してはステンレスタンクが多用されていました。


しかし、バンフィ社は容器自体である発酵槽の表面のオーク材から得られる微量の酸素とタンニンがワインによい影響を与える、という点に着目。オーク材の長所を活用しつつも、ステンレスタンク使用で利点とされる、プレス後の果皮や種の排除方法、温度管理、ルモンタージュなどをオーク製発酵槽でも実現すべく、実験を重ねました。


その結果、発酵槽の側面はオーク材、同槽の上下部面にはステンレスを導入して、側面から酸素とオークのタンニンを自然供給しながら、ステンレス部分で発酵中の温度管理、ルモンタージュを可能とする設備を10年かけて開発しました。 これが「ホライゾンシステム」です。(ステンレス部は再利用が可能で、オークの部分は6年単位で入れ替えながら使用)

オーク材とステンレスの双方のメリットを併せ持ったこの発酵槽が、同社のワイン品質の向上に繋がる要因の一つとなっています。


その他にも、熟成において重要な役割を果たす木樽は、原料の買い付け、木材のカット方法の指定・乾燥工程をも自社で行い、理想的な木樽を追求。どの工程でも手間と労力を惜しまない同社ならではの管理を常に行っています。
最新技術を取り入れながら、よりよい品質を追求していくという変わらない姿勢によって、世界でも評価される高いワイン品質を実現しています。

ホライゾンシステム

持続可能なワイン造りへの取り組み

バンフィ社は、企業活動における社会的責任を果たすという企業の責任をいち早く認識し、実行に移した先駆者と言えます。その企業活動の中でも近年特に力を入れているのが、サステナビリティーへの取り組みです。


2000年代初頭からバンフィ社は、製品やサービスの品質マネジメントシステムに関する規格であるISO9001や、環境マネジメントシステムの認証ISO14001、また食品の安全認証規格IFS・BRCなどを立て続けに取得しました。


さらに従業員などの就労環境評価の国際規格であるSA8000も取得するなど、ワインの生産に関わる品質や環境だけでなく、ワイナリーで働く人々などの人的資源も含めて「サステイナブル」な運営に努めるバンフィ社の姿勢が現れています。

バンフィの魅力が詰まったラグジュアリーホテル『カステッロ・バンフィ・イルボルゴ』

バンフィ社は敷地内に、同社のシンボルでもある、「カステッロ(お城)」のラグジュアリーホテルを所有しています。
ワイン畑の中に立つこのホテルは、バンフィのワインとペアリング・コースを楽しめるレストランや、試飲もできるワインショップなどが併設されており、バンフィの行き届いたホスピタリティとこだわりを感じられる施設です。


2019年にはアメリカの旅行雑誌で高評価を獲得*、トリップアドバイザーのトラベラーズチョイス・アワード2020も受賞するなど、人気の高いホテルです。

*『Travel+Leisure』で、イタリアのリゾートホテルTOP10入り 

商品リストはこちら メーカーホームページへ